自宅療養と訪問看護

自宅療養と訪問看護

病気やけがで入院しても早く自宅に帰りたくなりますよね。

やはり自宅が落ち着くし、一番です。

とはいえ、自宅には医師や看護師もいないし、医療機器もないため予後が不安にもなります。

そんな不安を解決してくれるのが訪問看護サービスです。

徳島の訪問看護ステーションは24時間対応で、安心して自宅療養ができます。

訪問看護を受けるには

訪問看護は保険対象のサービスです。

医療保険や介護保険を利用してサービスを受けるため、主治医の指示書が必要になります。

利用に際しては、主治医やケアマネージャーなどに相談しましょう。

訪問看護でできること

バイタルチェックや症状の確認を行い、場合によっては医師の指示のもと医療行為も行います。

回復の為のリハビリテーションや服薬管理も行います。

身体の清拭や洗髪、入浴介助など清潔に保つためのケアや、食事のケア、排せつのケアなど日常生活のサポートも訪問看護サービスの重要な役割です。

その他快適な療養生活をおくるために、患者本人や家族の相談に乗ったり、心のケアも行います。

最後を自宅で迎えたいときも

人生の最後を長年過ごしてきた自宅で迎えたいと望む方も多いでしょう。

本人が希望しても終末期の患者を自宅で看護するのは家族にも大きな負担がかかります。

訪問看護を利用することで、本人の緩和ケアだけでなく、家族の負担の軽減や精神的なサポートも受けることができます。

訪問看護は病気やけがの回復だけでなく、終末期の看護も主治医と連携を図りながら看取りまで責任をもって行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。