熊本の美味しいトマトを選び方とは?

熊本の美味しいトマトを選び方とは?

熊本は、日本一の生産量を誇るトマトを生産しています。
いずれのトマトも非常に高い品質ですが、その中でも鮮度の良いものを選んで楽しみたいものです。

熊本の新鮮でおいしいトマトの選び方とは?

熊本の新鮮でおいしいトマトを選ぶポイントは、皮、ヘタ、重さがポイントです。
皮は、色むらのないのものを選びましょう。
基本的に熊本のトマトは色むらのないものがほとんどなのでこれはクリアできます。
ただ、鮮度によってつやが落ちた物、ハリがない物があるので、そういったトマトは煮込んだり、別の用途で使いましょう。
生食する場合は、つやがあってハリのある皮のトマトを選びます。

ヘタは鮮度が分かりやすく、緑が強くてしおれていないものがベストです。
しおれていたり、黄色っぽくなっていたりするのものは、少し鮮度が落ちているので、注意しましょう。

最後は重さです。
中身がしっかりしているトマトを選ぶには、いくつか持ってみて、重いのがポイントになります。
ずっしりと重いトマトを選びましょう。

これらのポイントを押さえることで熊本の新鮮でおいしいトマトが楽しめます。

熊本の生食のトマトはどんなタイプ?トマトの種類を紹介!

熊本では主に生食用のトマトを生産しています。
それ以外にも様々なものがあるので紹介していきましょう。
まず、大玉、中玉トマトは皮が薄く、果肉も柔らかい生食向きのトマトです。
これは熊本で多く見かけるトマトといえるでしょう。
次にフルーツトマトは近年力を入れているトマトで、水の量を抑えて栽培することでフルーツのような高糖度の甘みを楽しめます。
プチトマトも生産されていますが、これは甘みが強く、サラダやお弁当に適したトマトです。

最後のトマトは、熊本であまり生産されていないサンマルツァーノです。
こちらは、イタリア料理によく使われるトマト。ゼリー分が少ないのが特徴で、味が濃く、加熱するとうまみが増します。
日本でのし好が変化すれば、熊本でも生産量を増やすかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。