広島でドローンを使った測量が人気

広島でドローンを使った測量が人気

広島の測量会社ではドローンを使った測量を行っています。
そのメリットは何なのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。

まずドローンの説明をしていきます。

ドローンとは

無人であり、遠隔操作または自動操縦で飛行できる、200g以上の重量の機体のことをドローンと言います。
もともと軍用に使用されていましが、最近では空撮や事業用の動画撮影など幅広い分野で活躍しています。

では次にドローンを測量に使うことでのメリットを説明します。

ドローンを使うことでのメリット

・時間と費用を抑えることができる。
ドローンが出てくる前は、人を使い地上で測量する方法や有人航空機を使い測量する方法が一般的でした。
しかしこの従来の測量方法は、時間も費用もかかります。

その点、ドローンを使った測量方法だと、広い範囲を短い時間で測量することができる上に、有人航空機を使用する場合と比べて費用が抑えることができます。
ドローンでの測量は、地上での測量と有人航空機を使った測量の中間的な位置にする測量方法で、比較的広範囲の測量を低費用で行うことができるメリットがあります。

・危険な場所でも測量できる
人間が測量をするときに、気になるのが安全です。
人では危険で入れないところを、ドローンは無人航空機なので、測量することができます。

・3Dモデルを簡単に作成できる
ドローンは地形の情報を点群データとして保存しているので、専用ソフトを使用すれば簡単に3Dモデルにできます。
測量の結果を3Dでみることで、よりイメージがしやすくなるので、すごくありがたいことです。

ドローンのデメリット

・バッテリー交換が必要
ドローンは飛行時間がまだ短いので、測量の範囲が大きい場所を測量する場合はバッテリーの交換が必要になります。
しかし現在もドローンの開発や研究は続いているので、将来的にはバッテリーの持ちが良くなるかもしれません。

・測量場所によってはコストが割高になる可能性がある
狭い範囲や危険なところがない場合は、地上からの測量の方がコストを抑えれるかもしれません。
なぜなら、そういう場所なら人でも簡単に測量できるからです。

なので、測量範囲や場所に応じた測量方法を考える必要があります。
いかがでしょうか。

ドローンを使った測量はメリットが多いということがわかったと思います。
しかし場所によってはドローンではないほうがいいときもあるので、測量場所や範囲を事前に把握して、どの測量方法が最善かを考えて使用することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です