広島県の警備ってどんな仕事?気になる広島の警備について

広島県の警備ってどんな仕事?気になる広島の警備について

広島県の警備の仕事とは?

広島県の警備の仕事は、基本的に商業施設や文化施設、工事現場で財産や人の警備、警護を行う業務がメインです。
ちなみに全国の共通事項として警備業法により1~4号の警備業務が分類されています。
第1号は、施設警備業務で、夜間の施設で盗難やトラブル、火災などが発生していないかをチェックする仕事内容です。
女性や シニアの方々も多く働いています。
また、機械警備もこれに含まれ、各施設のセキュリティシステムに異常信号が出た際、緊急出動し対応することも少なくありません。
第2号は、イベントや道路交通誘導など、直接警護や保護といったことは行いませんが、人と接したり、往来をコントロールするなど、仕事内容が、よりシビアになります。
マラソン大会の沿道での応援やコンサートやスポーツをはじめ各種イベント会場、祭り会場などで活躍する業務です。
第3号は、現金輸送であり、ATMや店舗の警備会社内でも限られたスタッフが従事する業務です。
ちなみに美術品など警備員が盗難等の事故の発生を警戒しながら輸送する警備業務もこの分野に含まれます。
第4号は要人の身辺警護を行う業務で、この業務自体直接扱っている警備会社はそこまで多くありません。
また、大手でも限られたスタッフが従事する、かなり特殊な業務といえ、ボディーガードなどはここに含まれます。

また、このほかにも空港保安や万引き警戒業務、列車監視等も警備業務として行われています。

広島県の警備はどのような内容が多い?

広島県の警備は、主に第1~3号までの業務が中心になっています。
ただし、広島市の平和公園を訪れる要人に対して第4号の業務を行うこともまれにあり、その点は多くの地方とは、やや異なった傾向といえるでしょう。
また、その他の業務として広島空港の保安関連の業務があるのも特徴です。
しかし、警備の仕事を始めてから、いきなりこれらの業務に就くのではなく、最初は第1号警備の業務が中心となることがほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です