デザインの持つ力

デザインの持つ力

デザインで大成功した例

デザインは、印象を決めるだけでなく収益にも大きく関係します。実際にお菓子のパッケージデザインを変えただけで、売上が10倍以上伸びた商品もありました。もちろん中味のお菓子は、全く変わっていません。
お菓子の最大の売りをパッケージにでかでかと乗せて、リッチなお菓子に見えるようにデザイン。デザインを決める際に、実際にお店に足を運んで調査までしたそうです。すると「確実に美味しい」とひと目でわかるような、パッケージに変身しました。

デザインを軽視すると痛い目に遭う

デザインが持つ力は、想像以上です。しかしなぜか、デザインそのものを軽視している人が多く見られます。図形を組み合わせるだけでどうにでもなると、軽く考えているのです。
しかしデザインは、そこまで甘くありません。美術大学でみっちり勉強していたとしても、一人前のデザイナーになるには何年・何十年単位の修行が必要です。教科書を読んでどうにかなる話ではないのです。そんな中でデザインの「デ」の文字も知らない人物が手掛けたらどうなるのか、一目瞭然です。

プロに頼もう!

デザインを頼むのなら、プロに頼むのがベスト。コストに余裕があるのなら良いのですが、中には厳しい所もあるでしょう。実際に誰もが知る大企業のロゴマークデザインにかかった費用は、高級外車数台分のお値段でした。
ただある程度素材を用意すれば、コストを抑えることはできます。例えば会社の外観写真は、プロに頼むだけでも数十万円です。でも自分で写真を用意するだけでも、かなりの節約。またデザインの打ち合わせを徹底するだけでも、コスト削減に繋がります。

狙いは地方都市

デザインを承っている会社は、大都市にしかないと思われるでしょうが大きな間違いです。地方都市にも、デザイン事務所はたくさんあります。もちろん高松にもデザイン会社があります。
基本的には地元企業のロゴデザインを担当していますが、中には全国的にも有名な商品のデザインも手掛けていました。力があるデザイナーは、地方都市に大勢いらっしゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です