宮崎で農業を始めるなら補助金制度を利用しよう

宮崎で農業を始めるなら補助金制度を利用しよう

宮崎では農業をするのに適した環境です

日本列島の九州地方の南東に位置します。
森林が多く囲まれている地域です。
全国で14番目の土地の広さです。
山地が多く、水にも恵まれています。
年間通じてして降水量が多いですが、日照時間、晴れ間の日が多いことも全国トップクラスです。
自然に恵まれたところで、農業をするのに良い環境であるといえます。
宮崎の農業では、キュウリ、ピーマンが全国で1、2を争う生産高を誇っています。
他にもしいたけ、トマト、マンゴーなども扱っています。
県ブランドの産出もあり、農業産出額は全国で5位の農業県となりました。
農業の他にも、牛や鳥といった畜産物も盛んに行われています。
環境には恵まれているものの、少子高齢化で人口が減ってきています。
若者が少なくなり、宮崎農業の後継者も少なくなってきました。
近年県や自治体が農業をはじめる人を増やそうと対策を立てました。
多様で充実した就農支援により、新しく農業を始める人が増加し始めたのです。
今後も定期的に支援を行っていく予定となっています。
支援の内容には、相談会や講座を開催しています。
都心部への出張説明会なども行っています。

農業をはじめるにあたって補助金を受けるには

宮崎で農業を始めるには資金が必要です。
起業する際にも、通常の会社設立と同じスタンスになります。
補助金には要件があるのでよく確認することが大切です。
内容は、農業をはじめる初期投資機械設備などを補助してくれます。
市町村によっても内容が異なります。
種類もいくつかあるので、該当するものに申請してみましょう。
市に、必要書類を提出します。
締め切りもあるので、市のホームページなどでチェックが必要です。
補助金の要件に該当せず申請できないこともあります。
農業系に就職する道もあります。
1番大事なのは家族の理解が必要です。
都心部からの移住を考えたなら、家族の了解なしには実現できないからです。
宮崎で農業をはじめるには、準備の前に家族間で話し合ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。