藤沢市で受けられる訪問介護サービスがもたらす効果について

藤沢市で受けられる訪問介護サービスがもたらす効果について

神奈川県藤沢市は湘南地域最大の人口を誇ります。観光地として相模湾へ突き出た江ノ島があり、独自の条例として「みんなのバリアフリー街づくり条例」を施行していることでも知られています。福祉の充実した地域を目指す神奈川県。今回は神奈川県内にある藤沢市にスポットを当てました。急速に関心の高まっている藤沢市の訪問介護について、福祉情報とともに解説させていただきます。

みんなのバリアフリー街づくり条例について

神奈川県では独自に「福祉のまちづくり条例」を施行する横浜市と川崎市を除き、31の市町村に県条例が適用されています。それが先に言及した「みんなのバリアフリー街づくり条例」です。高齢者や障害を持つ方の生活が不便にならないよう、藤沢市は公共施設の整備を筆頭とするさまざまな規則が作られています。ガイドブックも公開されており、インターネット上で内容を確認できます。また、神奈川県刊行物販売取扱書店で紙のバージョンも販売されています。道路や公園にも整備基準が定められているため、バリアフリー需要の高まる社会において非常に頼もしい条例といえるでしょう。

要介護者に個別対応できる訪問介護の魅力

バリアフリー需要同様、関心が高まっている訪問介護。その魅力は要介護者が在宅医療・日常生活の扶助を頼める点に詰まっています。住み慣れた自宅で任意の介護サービスをおこなってもらえるため、家族の負担を減らすこともできます。また、外出して医療施設に赴く労力も必要ありません。ただし緊急性を要する医療行為は出来ないため、通院とは使い分けが重要です。

藤沢市で実施される訪問介護とは?

元々、藤沢市では「介護予防訪問介護」が実施されていました。しかし平成28年10月に「介護予防訪問型サービス」へ名称が変わり、それに伴い単位などに若干の変更がありました。しかし高齢者の生活を支えるサービス内容は変わらず、藤沢市内に在住・在学・在勤する人物は誰でも利用することができます。比較的軽度な要支援者は「訪問型サービスA」も利用できますが、いずれもヘルパーは在宅医療が出来ません。医療行為を頼みたい場合、必ずお近くのクリニックに在勤する医師や看護師に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。