豚の生産について:生産農場やブランドの紹介

豚の生産について:生産農場やブランドの紹介

豚の生産というとどのように行われているのか、ブランド豚はどんなものなのかといった疑問がふと浮かんでくる方もいるのではないでしょうか。
豚舎の種類やブランド豚はどのような特徴があるのでしょうか。
豚の生産の一部として知っておくと、豚の生産のイメージがより分かりやすくなるでしょう。

豚の生産場所の種類

豚の生産場所といえば、豚舎にたくさんの豚を押し込んでどんどん生産するイメージがあります。
しかし、実際は豚の生産を行うにあたって4つの種類の豚舎に分けて生産していることがほとんどです。
その4つは、交配、分娩、育成、肥育に分けられます。
交配を行う豚舎は、人工授精を行って母豚の種付けを行います。
豚の妊娠期間は人間よりも短めの110日程度で、この予定日の約5日までこの交配の豚舎で飼育し、エサを工夫して体型管理を行うのが特徴です。
分娩を行う豚舎は分娩から子豚が3週(21日)程度になるまで飼育します。
一度に10頭以上生まれるので母豚の母乳がたくさん出るように餌を増やしていくのがポイントです。
育成する豚舎は子豚を約90日飼育する場所です。
急激に成長するので骨がしっかりするようにたんぱく質を多く含んで消化しやすい物を与えています。
この時期は感染しやすいので温度と湿度を厳密に管理しています。
肥育は育成した豚を約90日飼育する豚舎です。
ここで豚肉の風味が影響するので、植物中心の餌を与えて肥育していきます。
体重が約110㎏に達した時点で出荷する流れです。

ブランド豚の生産の特徴

豚の生産でよく目にするのがブランド豚です。
これは交配の時点で工夫することも多いのですが、主に肥育する段階で餌を工夫して豚の生産を行っていることが多いのが特徴です。
例えば肥育豚舎で麦やハーブを食べさせたり、現地の農作物を与えて肥育させたりといった生産をしています。
また、ユニークなものでは焼酎の搾りかすや麹を加えた餌を与えて風味を工夫する試みも行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。