福島で医療機器開発を行うメリットや知っておきたい注意点

福島で医療機器開発を行うメリットや知っておきたい注意点

福島で医療機器開発を行うメリットとは?

福島で医療機器開発を行うメリットは、関連機器の生産量で日本一、専門の支援センターがあるといった点が挙げられます。
福島県は医療機器生産の部品生産額において日本一を獲得した医療機器生産県です。
そのため、医療機器を開発する場合に部品が必要になっても、県内で調達できる可能性が高いという点がメリットです。
その背景として福島県が次世代医療産業集積プロジェクトを立ち上げ、官民を挙げて医療機器の生産体制を整えたことが挙げられます。
こういった背景から、行政の支援も期待できるのが特徴です。
また、福島県には郡山市に「ふくしま医療機器開発支援センター」が建設されています。
ここでは、医療機器開発の支援を行っており、県内にある70社以上の大小さまざまな医療機器メーカーが利用しています。
この施設では各種安全性の試験に対応しており、世界的にも希少な安全性評価施設としても知られているのが特徴です。
開発の評価だけでなく、豚を利用した生物学的安全性試験も実施できるのも特徴として挙げられます。
国内では数少ないX線遮蔽機能をもつ電波暗室や試験所の運用能力に関する公的認定ISO/IEC17025に対応しています。
また、開発後の商業利用に向けたコンサルティングも実施しているだけではなく、国内の有力大学の研究者の助言を受けられるのも特徴です。
このように様々なメリットがあります。

知っておきたい福島で医療機器開発を行う注意点

福島で医療機器開発を行う注意点として、東京から若干遠いという点が挙げられます。
確かに福島市までは80分と、関東近郊のような感覚で利用できますが、福島県内は広く協力会社も県内に点在しているため、東京福島間以上に時間がかかります。
こういった状況から、不便さを感じることもあるかもしれません。
ただ、よほど特殊な事例でなければ、他の地域で医療機器開発を行うよりは、利便性の高い環境なので、医療機器開発を行う場合は福祉まで行うことも検討してみるのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。