車中泊で気をつけること!

車中泊で気をつけること!

信州を堪能するなら佐久まで

群馬県との県境にある佐久は、信州の美しい自然や美味しい料理が勢ぞろい。温泉に入って、日頃の疲れをリフレッシュするのもいいでしょう。
しかし、今は何かと難しい時期。旅行するのも躊躇うという方も多いかもしれません。そこで、おすすめしたいのが車中泊。車で佐久に行くなら無料で利用できる所もありますので、利用しない手はありません。では車中泊を実行するにあたり、どうすれば良いのでしょうか。まとめてみました。

車をチェックする

まずは、車をチェックです。最近はコンパクトカーでも、フルフラットシートを備えている車種は増えてきました。フルフラットシートがあれば、車中泊は楽になるでしょう。
でもどの車種でも、必ずフルフラットシートがついている訳ではありません。仮に車にフルフラットシートがついていたとしても、快眠は保証されないのも事実。ベッドの形が歪なものになりますので、ゆっくり寝られません。
そこで利用したいのが、普段使っている布団です。布団をシートの上に置くだけでも、かなり違います。かなりの荷物になりますが、背に腹は代えられません。

マナーは守る!

車中泊であろうがなかろうが、マナーを守るのは大前提。車中泊をおこなう場所は、道の駅になるでしょう。佐久には車中泊が可能な道の駅が、いくつかあります。
ただあまりにもマナーが悪いとなると、流石に追い出されるでしょう。エンジンのかけっぱなしは、絶対にNG。凄い人になると、道の駅のトイレで髪を洗う人もいらっしゃるそうです。道の駅は、他の人も利用する施設。他の利用者に絶対に迷惑にならないように、心がけるのが必要です。

防犯と健康に注意

車中泊をすすめるあたりに気をつけたいのは、防犯と健康でしょう。仮に車の周りに誰1人としていなかったとしても、必ず鍵はかけて下さい。実際に車中泊の最中に、盗難などの被害に合われた方はいらっしゃいます。
また車の中にいても、適宜に身体を動かし水分をしっかり取ることも必要です。エコノミー症候群を予防するのに、大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。