豊田市は移住制度では空き家を活用しています

豊田市は移住制度では空き家を活用しています

空き家を放置していませんか

少子高齢化で空き家が増加していて、全国的に問題になっています。
豊田市は都会のイメージが強いです。
山村では、空き家が増加しています。
空き家を取り壊そうかと思っても、お金がかかるので留まってしまいます
家の広さにもよりますが、最低100万は必要です。
売却してもいいが、築年数が経っているので売れるかどうかわからないから進まないケースも多いでしょう。
放置したままにしていると、手入れをしないので劣化が早まります。
更に資産価値が下がってきます。
放火や、もらい火に巻き込まれる恐れがあります。
所有し続けているので維持費がかかります。
空き家は、泥棒が入りやすいです。
通常固定資産税は、特別措置により6分の1で済んでいました。
税金の優遇措置から外されて、税金が6倍に上がります。
以上などの理由から、空き家対する何らかの措置を施す必要があります。

空き家の活用方法には

主に三つあります。
賃貸にするか、建て替えるか、壊して更地にするかです。
近年はリフォームして古民家カフェや介護施設などに利用されています。
他には、シェアハウスや賃貸などにも利用されています。
それぞれデメリットメリットはありますが、何らかしら活用はした方が良いでしょう。
豊田市で移住制度を設立して、移住を受け入れています。
移住してきた方は、格安で空き家を借りることができます。
豊田市は移住制度に伴い、空き家をリフォームするお金の補助金の支援もします。
豊田市の移住制度に参加するには、空き家バンクに登録する必要があります。
登録や申請方法については、市のホームページなのでご確認ください。
空き家を活用して授業を始める人に、補助金の支援も行っています。
あるいは特定の金融機関からの融資を受けやすくなります。
査定やプレゼンテーションなどは必要ですが、合格できれば新たな道が開けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。