愛媛県で新生活!その時は電力販売会社を選びなおすチャンス

愛媛県で新生活!その時は電力販売会社を選びなおすチャンス

家庭をもつと感じるのが、光熱費ってバカにならない。
とくに電化住宅が増えてきているので、電気代がかかります。
そんなときに大事なのが、自分にあった電力販売会社を選ぶことです。

ではなぜ電力販売会社を選んだらいいのか?
メリットと愛媛で電力販売会社を変えるときに気になることを説明します。

電力自由化の流れ

以前は、一般電気事業者と呼ばれる四国電力や関西電力、東京電力などから電気を供給してもらっていました。
しかし、新電力と呼ばれる契約電力が50kW以上の事業者からも電気の供給が可能になりました。

2000年当初は、一般電気事業者を選ぶか、新電力を選ぶかは、大規模工場やデパートなど特別高圧を使用している場所しかできませんでした。
しかし、2016年になると一般の家庭も、どの電力会社を選ぶかが自由になっていきました。

このような歴史で、電力自由化になっていきました。
では電力会社を選べるようになるとなぜいいのかを説明していきます。

電力販売を選べるメリット

電力を選べるメリットは、自分のライフスタイルや状況に合わせてプランを選べることです。
現在の人のライフスタイルや状況は多種多様で、夜間仕事しており昼間家にいる方やソーラーパネルを自宅につけている方など様々になりました。

そういう状況を考慮したときに、自分のライフスタイルや状況にあったプランを選んだ方が得になります。
とくに過剰な電力を売るためにソーラーパネルをつけた家もあると思います。

そんな方が困っているのは、ソーラーパネルをつけて10年経ったら、固定の価格で電気を売ることができなくなったことでしょう。
しかしそういう場合でも、新電力の会社が電力を買い取ってくれます。

このように、自分の状況にあった電力会社を選ぶことができます。
これが最大のメリットです。

このようにメリットがありますが、気になるのが電気が安定して供給されるかということです。
それを電気の供給のしくみから説明していきます。

電気の供給のしくみ

電気の供給には、発電部門、送配電部門、小売部門の3つの部門があります。
この中で安定して供給するのは送配電部門になります。

電力自由化が進みましたが、この部門に関しては政府が許可した企業のみが担当しています。
そのため、どの小売事業所から電気を購入しても、同じように送配電を受けることができます。

また小売部門の事業者が、消費者が必要とする電力を調達できなかった場合、送配電部門の事業者が補うように調整しています。
このように、電力を安定供給できる仕組みになっています。

いかがでしたか。
電力は部門がわかれており、どの電力販売会社を利用しても安定して電気を使うことがわかったと思います。

自分のライフスタイルや状況により、最適な電力会社は違うので、ぜひ自分に最適なところをみつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です